川原湯温泉観光ガイド

御案内 川原湯観光 吾妻渓谷 川原湯温泉 その他
川原湯温泉観光ガイド
サイトマップ
リンク

川原湯温泉観光ガイド

八ツ場ダムの建設により数年後には、温泉街ごとダムの底に沈んでしまう運命にあります。古き良き、温泉の風情が今もそのまま残っている川原湯温泉です。

 今から800年ほど昔、上湯原の不動院に旅のお坊さんが来て「一晩泊めてください」と頼みました。不動院のお坊さんは気の毒に思って中に入れてあげると旅のお坊さんは薬師如来像を取り出して、お経をとなえ始めたのです。不動院のお坊さんは感激して身の上をたずねると
「私の名は川原朝臣権頭光林。帝にお仕えした家に生まれたのですが体が弱く勤めも出来ませんので、こうして諸国の霊場霊地を廻って歩いているのです」
と言いました。そしてその夜のこと、光林が眠っていますと、いつも拝んでいる薬師如来様が夢枕に現れて、「ここから東へ八・九丁行ったところの岩陰に熱い湯が湧いている。その湯に入ると病が治り、長生きすることは間違いない」とのお告げがありました。光林はお告げの場所に行き、その湯に毎日入りました。するとすっかり健康になり村人たちも皆この湯の恩恵を受けることになったそうです。そこで村人たちはこの湯を「川原湯」と呼ぶことにしたと言われています。

 また、建久4年(1193)、源頼朝が浅間狩りの折り、今の川原湯のところを通りかかりました。その時、山の中の中腹から湯煙が出ているのに気づき、温泉を発見したのです。そこで頼朝は、そばにあった大きな石を王石(またの名を衣掛石)と呼ぶようになったとも言われています。
古い情報もございますので、必ず最新情報を確認するようにしてください。
このサイトに関するお問い合わせは、『風のたより』 までどうぞ
川原湯温泉観光ガイドのトップへ戻るサイトマップリンク