川原湯温泉 滝沢観音石仏群

御案内 川原湯観光 吾妻渓谷 川原湯温泉 その他
やんば館
不動堂
不動の滝
湯原観音堂跡
川原湯神社
川原湯岩脈
三ッ堂石仏群
横壁諏訪神社・大ケヤキ
十二山神社
三体堂
丸岩
滝沢観音石仏群
御塚・石仏群・イタヤカエデ
王城山・カタクリ
王城山神社

滝沢観音石仏群

 江戸期を中心に作られた石仏群で、自然の地形に合わせ約80体の石仏が安置されています。特に六地蔵や奪衣婆(だつえば)の像は町内でも秀麗な像のひとつと言われています。奪衣婆とは、冥土の途中の三途の川のほとりにいるのが奪衣婆で、亡者はこの奪衣婆に衣服をはぎ取られ冥土に旅立つといわれています。滝沢観音石仏群ではいちばん古い寛延2年(1749年)のものです。

古い情報もございますので、必ず最新情報を確認するようにしてください。
このサイトに関するお問い合わせは、『風のたより』 までどうぞ
川原湯温泉観光ガイドのトップへ戻るサイトマップリンク