王城山・カタクリ

御案内 川原湯観光 吾妻渓谷 川原湯温泉 その他
やんば館
不動堂
不動の滝
湯原観音堂跡
川原湯神社
川原湯岩脈
三ッ堂石仏群
横壁諏訪神社・大ケヤキ
十二山神社
三体堂
丸岩
滝沢観音石仏群
御塚・石仏群・イタヤカエデ
王城山・カタクリ
王城山神社

王城山・カタクリ

 標高1123m。名前の由来は約2000年前に12代景行 天皇の皇子 日本武尊が御東征の帰りに休息をとるためにしばらく滞在したという言い伝えに因んで付けられたそうです。 地元の人は一般に「おうじょうさん」と呼びますが「みこしろやま」と呼ばれることもあります。昔から王城山は信仰の山として人々に親しまれていました。

 四季を通して訪れる人も少なく、ハイカーには落ちついた安らぎを与えてくれるでしょう。全山落葉樹林のため、初夏の新緑や、秋の紅葉時はひときわ美しいです。コースは途中の「唐笠松」までは道幅も広く、傾斜も比較的緩く歩きやすいです。唐笠松から道は細く急になります。山頂からは、白根、浅間にかけての景色がよく、ヤマガラ、エナガなど多くの野鳥の観察もできます。5月5日は大祭。8月28日の例祭には王城山神社で子供たちの「だんご相撲」が行われます。
古い情報もございますので、必ず最新情報を確認するようにしてください。
このサイトに関するお問い合わせは、『風のたより』 までどうぞ
川原湯温泉観光ガイドのトップへ戻るサイトマップリンク